カラーコーディネーター

カラーコーディネーター検定試験は、あらゆるシーン、様々な業種で必要となる色彩コーディネート能力を計る検定試験です。
1級・2級・3級の3つのレベルがあります。
この資格だけでなく、デザイン系や建築・インテリア関係の資格・能力を併せ持つと、より効果が発揮されやすい。

➦この資格でできる仕事
ファッションやメイクアップなど、個人向けのカラーアドバイスから、企業の商品企画や快適な空間づくりのための色彩計画まで、そのフィールドは非常に多彩です。
$収入の目安
平均年収は、200万円から。 他の職業と組み合わせることで独立すればそれなりに平均年収もUPするようです。対象がファッションであるか、物体であるか、人物であるかによって、休日を含む働く形態、収入が違ってくるが、推定年収は350万円程度。
✍勉強法と学習内容
試験内容⇒3級/色の性質、色と心理、色を表し伝える方法、配色と色彩調和、光から生まれる色、色が見える仕組み、色の測定、混色と色再現、色と文化。
★参考書籍

カラーコーディネーションの基礎―カラーコーディネーター検定試験3級公式テキスト〈第4版〉

カラーコーディネーター検定試験3級問題集―カラーコーディネーションの基礎

カラーコーディネーター検定試験2級問題集

通信講座の詳細情報を見る

ネイリスト

➦この資格でできる仕事
かつては、エステティックサロンで爪のケアとマニキュアをしていただけだったのが、アート性を重視した単独職業に。芸能人が広告塔となって大ブレイク。若い女性を中心に人気。また、爪のマッサージがヒーリング効果を生むのか、きれいだけでなく、リラックスを求める層にも需要は広がってきている。腕の見せどころは、爪という狭いスペースをいかに美しくするか。爪のケアや相談に対応できる技術や知識、色、柄に対する鋭いセンスが問われる。
$収入の目安
指名を受けるような大物であれば、収入も期待できるが、それらはごく少数派。ネイルサロンを併設する美容院なり、エステティックサロンの従業員、または嘱託社員の場合は、時給換算で800円くらいと、もてはやされている割には収入は低い。
✍勉強法と学習内容
【1級】 実技試験事前審査=①テーブルセッティング&消毒管理、②モデルの爪の状態。 実技試験=①ネイルイクステンション(スカルプチュアネイル、チップ&オーバーレイ)。②ネイルアート(ミックスメディアアート)、試験時間は事前事後審査含め3時間40分。 筆記試験=①衛生と消毒、②化粧品学(材料、内容成分、効果等)、③爪の構造(皮層科学)、④爪の病気とトラブル(爪の生理解剖学)、⑤ネイルケアの手順、⑥イクステンションの手順、⑦その他実践的施術全般、⑧プロフェッショナリズム等。 合格基準は実技、筆記共に100点中80点以上。 筆記試験時間は40分。
★参考書籍

ネイリストの資格をとるための本―日本ネイリスト協会認定資格

ネイリスト技能検定 1級・2級・3級 完全対策バイブル

ネイリストになるには (なるにはBOOKS)

通信講座の詳細情報を見る

アロマテラピー検定

➦この資格でできる仕事
さまざまな香りで、心身をいやす手伝いをするのが仕事。エステティックサロンなどで、香料入りオイルでのマッサージやヒーリングを行なう。リラクゼーションをいかに提供できるかが、スペシャリストとしての腕。調合する香りの特性を知ることも重要だ。アロマテラピー資格・能力を生かした仕事には、アロマテラピートリートメントのサロンで働く、アロマテラピー関連のショップで働く、スクールの講師などがあります。 アロマテラピー検定1級に合格すると、さらに、プロフェッショナルな資格であるアロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト資格の取得へつなげることができる。
$収入の目安
エステティックサロンなどで働く場合が多いので、休みは不規則。収入も年収ベースで約200万円からと、ハードな仕事内容の割には低め。
✍勉強法と学習内容
【2級】/アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識。 ①香りテスト、②アロマテラピー利用法、③安全のための注意、④精油のプロフィール(対象10種類)、⑤精油の基礎知識、⑥アロマテラピーの歴史、⑦アロマテラピーと環境など。 【1級】/2級の内容に加えてアロマテラピーを家族や周囲の人々と共に楽しみ、健康維持の ために用いる知識。 ①香りテスト、②アロマテラピー利用法と基材、③精油のプロフィール(対象31種類)、④アロマテラピーのメカニズム、⑤アロマテラピーと健康学、⑥アロマテラピーに関係する法律など。
★参考書籍

アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集―1回で受かる!

最新版 アロマテラピー検定1問1答ドリル―1級2級対応 赤チェックシートつき

公益社団法人 日本アロマ環境協会試験に対応! アロマテラピー検定試験 1級・2級に一回で合格するための問題集

通信講座の詳細情報を見る

マンション管理士

➦この資格でできる仕事
マンション管理士とは、専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。 マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要です。数多くのマンションが建設され続けるなかで、マンションでの住民同士のトラブルや契約、老朽化などの問題も多く発生しています。このようなトラブルや管理・補修・建て替え問題に対処してマンションでの暮らしを良好にするのがマンション管理士です。
$収入の目安
20代のマンション管理士などは年収400万程度です。 平均年収は360~800万程度です。マンション管理士の需要は、今はまだ高いとは言えません。そのため、マンション管理士の資格を就職活動の武器にしようと考えても、マンション管理士を優遇してくれる企業というのは少ないものです。
✍勉強法と学習内容
①マンションの管理に関する法令及び実務に関すること、建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)等。 ②管理組合の運営の円滑化に関すること管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理 組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟 と判例、管理組合の会計等。 ③マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関することマンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕等。 ④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること、マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針等。 なお、マンション管理適正化法の規定により、管理業務主任者試験の合格者等は、試験の一 部の免除を申請することができる。免除の対象となる問題の範囲はマンション管理適正化法に関する5問(5問正解と同じ扱いとなる)。
★参考書籍

不動産教科書 マンション管理士テキスト&問題集 2012年版

ひとりで学べる!マンション管理士・管理業務主任者合格テキスト[2012年度版]

ラクラク突破のマンション管理士・管理業務主任者合格テキスト2012年版 (エクスナレッジムック 建築知識)

通信講座の詳細情報を見る