臨床心理士

➦この資格でできる仕事
「臨床心理士」とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。 日本には心の問題に取り組む職種として、心理カウンセラー、サイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる人々がいますが、それぞれに明確な資格があるわけではありません。それに対して「臨床心理士」は、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格し、認定を受けることで取得できる“心理専門職の証”となる資格です。実際には、臨床心理士の資格所有者が、たとえば文部科学省の実施する全国公立中学校や小学校に1996年以降よりスクールカウンセラーとして任用(派遣)され、活躍している(5,000名)のは、その代表例といえましょう。
$収入の目安
職場や相談の種類によっても違うが、月に15〜50万円くらい。
✍勉強法と学習内容
1次(筆記)/臨床心理査定、臨床心理面接(療法)、臨床心理学的地域援助、臨床心理学的研究・調査法。以上に関する基本知識、小論文。2次/面接。
★参考書籍

新・臨床心理士になるために[平成24年版]

‘12-‘13年版 臨床心理士試験 徹底対策テキスト&予想問題集

史上最強カラー図解 臨床心理学のすべてがわかる本

通信講座の詳細情報を見る