社会保険労務士

「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、従業員の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じるエキスパートです。

[box type=”note”] 主に社会保険関係、人事・労務関係の総合的な労働。
社会保険関係の法律に基づく各種書類の作成業務。[/box]
[box type=”success”] 取得パターンとして多いのが、会社に入社後、総務部関係に所属し、必要に迫られて取得したり、スキルアップのために取得、というケース。採用には実務経験を問われる所が多い。[/box]
[box

tag2

type=”info”]社会保険労務士の平均年収は400万円~600万円程度。
企業に勤務している場合は、資格手当が付く会社も。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

図解 社会保険労務士試験 超入門 (DO BOOKS)2013年度版 ナンバーワン社労士 必修テキスト (TAC社労士ナンバーワンシリーズ)社会保険・年金のキモが2時間でわかる本 [/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/64/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]