管理栄養士

➦この資格でできる仕事
学校や給食センター、病院などで栄養学に基づいたバランスのいい献立を作成するのが仕事。生活習慣病など、食事療法が功を奏す場合が多く、重要度が高まっている。また、栄養士の指導・管理も仕事の一環。
$収入の目安
専門性の高い仕事なので、ある程度の収入は見込めるが、月収で20万〜30万円程度。公務員のため保健所管理栄養士が年収がよいそうです。行政として指導をすることができます。年収は約400万~となっているそうです。<BR>需要に対する栄養士資格取得者の数は多く、栄養士養成施設を卒業し栄養士資格を取得後、栄養士として働いている人は50%に満たない。栄養士の就職状況は厳しめで、同様に管理栄養士の就職状況も厳しめのようです。
✍勉強法と学習内容
①社会・環境と健康、②人体の構造と機能および疾病の成り立ち、③食べ物と健康、④基礎栄養学、⑤応用栄養学、⑥栄養教育論、⑦臨床栄養学、⑧公衆栄養学、⑨給食経営管理論。 平成18年3月の試験から、管理栄養士制度の改正にともない、受験資格や試験科目が変更され、養成施設卒業者の試験科目一部免除がなくなることになった。
★参考書籍

クエスチョン・バンク 管理栄養士国家試験問題解説<2013>

管理栄養士国家試験 合格のためのワークノート150日

管理栄養士国家試験の要点―基礎からしっかり学ぼう!〈2012年版〉

通信講座の詳細情報を見る

歯科助手

歯科医院などで歯科医の指示の下、一般的な雑務を行う人のことです。国家資格や法律などで特に定義、分類されているものではなく、この資格がなくても歯科助手として働くことが可能です。

[box type=”note”]

tag1

歯科助手とは、歯医者さんのアシスタントです。医師のアシストと一言で言っても、その業務内容は多岐に渡ります。主に治療以外の歯科の業務全般を担当します。[/box]
[box type=”success”]今現在、歯科助手の求人で多いのは、パートやアルバイトなどの勤務形態が多いようです。現在は正社員という勤務形態は少なくなってきています。 それは、結婚後の女性が出産などを機にパートやアルバイトという勤務形態を選ぶようになったからといわれています。[/box]

[box type=”info”] 歯科助手の平均給料は約21万円となっており、平均年収は約250万円程と言われています。歯科助手の場合、給料は安めになっているのですが、歯科医院は沢山ありますので、就職先に困ることはありません。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

ステップアップ歯科助手ガイドブック 歯科助手が患者様を増やす (歯科医院経営実践マニュアル vol. 8) ステップアップ歯科助手ガイドブック[/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/48/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]

インテリアコーディネーター

住宅の新築や増改築、リフォームのときに、住む人の好みやライフスタイルに合った快適な住空間をつくるために、壁紙や床材などの素材から照明、カーテン、家具、生活用具をはじめとする住宅全般について提案やアドバイスをおこないます。

[box

tag1

type=”note”] インテリアコーディネーターは「どんな風に暮らしたいか」をヒアリングし、「こんな雰囲気の空間に住みたい」というアバウトな要望を具体的に住まい手のライフスタイルに合った住空間に導きます。また、暮らしの変化を想定しながら、コーディネートしていくことになります。そして、どんな人が住むのか、年齢や普段の生活スタイルなど、細かく聞きだし、話し合い、イメージを膨らませることが第一歩になります。毎日の生活の様子を思い描くという想像力は非常に大切です。[/box]
[box type=”success”]コーディネーター資格の求人件数ではトップクラスです。 しかしながら、求人の地域的な偏りや時期的な集中、毎年多くのインテリアコーディネーター資格者が輩出されている現状をみますと求人件数は不足しています。[/box]
[box type=”info”]インテリアコーディネーターの資格試験を合格した後、インテリア業界に就職した場合の年収は平均400500万円くらいだといわれています。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

ラクラク突破のインテリアコーディネーター合格テキスト (エクスナレッジムック 建築知識) インテリアコーディネーター2次試験予想問題徹底研究2012 (徹底研究シリーズ) インテリアコーディネーター1次試験過去問題徹底研究 販売編〈2012〉 (徹底研究シリーズ)[/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/69/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]

調理師

調理師は、調理師法(昭和33年法律第147号)で「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者」とされています。

調理師は、外食産業の中で調理業務を担当します。外食産業とは、各種飲食店、ホテル・会館の料理部門、特定給食施設など人々に料理のサービスをする産業で、日本経済を支える一翼にまで発展しています。外食産業を支える職種は色々ありますが、その中でも調理を担当する調理師は業界の主役と言えるでしょう。 また、飲食店などでは、調理師を置いて調理の業務を行うよう努めなければならないと定められており、調理師の資格はますます重要なものとなっています。

調理の仕事は材料の仕入れ、下処理、調理、盛り付けなどが流れ作業で行われ、たいていの調理場では分担して行われます。各々の担当は年期によって決められ、年期を積み技術の向上に伴ってより高度な技術を要する調理を担当することになるのが一般的です。実力次第で年期を経ずして現場の責任者になることもあり得ます。なお、料理長などの責任者になると、実際の調理だけでなくメニューの立案や材料費(原価率)の計算なども大切な仕事になってきます。

職業的な特性としては、サービス産業ということで勤務体制が早朝から夜間に及ぶことや、休日勤務が多いことなどがあげられます。また、包丁で食材を加工する手先の器用さや盛り付けなどの美的感覚が求められる一方、大量の料理をこなすことから体力も必要とします。さらに、料理をサービスする仕事なので常に健康で清潔に保つ意識も大切です。

このように調理師は非常に厳しい職業ですが、学歴に関係なく自分の実力だけで生きようと志す人や、人にサービスをすることに誇りを感じられる人に向いた仕事であるといえるでしょう。

[box type=”note”] 調理師は、食品の「栄養」「衛生」、「適切な調理法」の知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロです。[/box]
[box type=”success”]飲食店に調理師として就職、転職する際には必須資格。有資格者は数百万人とも言われており、この資格のみで、就職が決まるようなことはないでしょう。[/box]
[box

type=”info”]調理師の平均年収はかなり幅広いですが、一般的には350万円前後だと言われています。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

調理師読本〈2012年版〉 2012年版U-CANの調理師速習レッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ) 調理師試験問題と解答 2012年版[/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/46/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]