マンション管理士

➦この資格でできる仕事
マンション管理士とは、専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。 マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要です。数多くのマンションが建設され続けるなかで、マンションでの住民同士のトラブルや契約、老朽化などの問題も多く発生しています。このようなトラブルや管理・補修・建て替え問題に対処してマンションでの暮らしを良好にするのがマンション管理士です。
$収入の目安
20代のマンション管理士などは年収400万程度です。 平均年収は360~800万程度です。マンション管理士の需要は、今はまだ高いとは言えません。そのため、マンション管理士の資格を就職活動の武器にしようと考えても、マンション管理士を優遇してくれる企業というのは少ないものです。
✍勉強法と学習内容
①マンションの管理に関する法令及び実務に関すること、建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)等。 ②管理組合の運営の円滑化に関すること管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理 組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟 と判例、管理組合の会計等。 ③マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関することマンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕等。 ④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること、マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針等。 なお、マンション管理適正化法の規定により、管理業務主任者試験の合格者等は、試験の一 部の免除を申請することができる。免除の対象となる問題の範囲はマンション管理適正化法に関する5問(5問正解と同じ扱いとなる)。
★参考書籍

不動産教科書 マンション管理士テキスト&問題集 2012年版

ひとりで学べる!マンション管理士・管理業務主任者合格テキスト[2012年度版]

ラクラク突破のマンション管理士・管理業務主任者合格テキスト2012年版 (エクスナレッジムック 建築知識)

通信講座の詳細情報を見る

宅地建物取引主任者

不動産の公正な取引をチェックする国家資格者

宅地建物取引主任者とは、土地や建物など不動産の取引に関する実務および法律上の専門知識を持ち、公正な取引がおこなわれるようにチェックする国家資格者のことです。
不動産業の業務には、宅地建物取引主任者の国家資格をもつ者にしか扱えない「独占業務」(重要事項の説明、重要事項説明書への記名・押印、契約内容記載書面への記名・押印)があります。そのため、宅地建物取引をおこなう業者は、規模や業務内容に合わせて、専任の宅地建物取引主任者を置かなければならないとされています。
なお、試験合格者であり、かつ「実務経験が2年以上」または「実務講習」を修了した人のみが宅地建物取引主任者として登録でき、そこではじめて実務に携われます。

[box type=”note”] 宅地建物取引主任者は不動産の売買・貸借時に、物件について事前に伝えなければならない重要な事項をお客さんに説明する専門家です。[/box]
[box type=”success”]宅地建物の取引を行う業者は、事務所1つに対し5人中1人はこの宅地建物取引主任者を設置しなくてはならないと定められているため、企業では宅建所有者を優遇しているところが多い。[/box]
[box type=”info”] 大体のケースで500万円~700万円台が殆んどと言っても良いでしょう。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法 (DO BOOKS) 平成24年版 パーフェクト宅建 (パーフェクト宅建シリーズ) 受験用 よくわかる宅地建物取引主任者[/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/67/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]