マンション管理士

➦この資格でできる仕事
マンション管理士とは、専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。 マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要です。数多くのマンションが建設され続けるなかで、マンションでの住民同士のトラブルや契約、老朽化などの問題も多く発生しています。このようなトラブルや管理・補修・建て替え問題に対処してマンションでの暮らしを良好にするのがマンション管理士です。
$収入の目安
20代のマンション管理士などは年収400万程度です。 平均年収は360~800万程度です。マンション管理士の需要は、今はまだ高いとは言えません。そのため、マンション管理士の資格を就職活動の武器にしようと考えても、マンション管理士を優遇してくれる企業というのは少ないものです。
✍勉強法と学習内容
①マンションの管理に関する法令及び実務に関すること、建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)等。 ②管理組合の運営の円滑化に関すること管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理 組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟 と判例、管理組合の会計等。 ③マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関することマンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕等。 ④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること、マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針等。 なお、マンション管理適正化法の規定により、管理業務主任者試験の合格者等は、試験の一 部の免除を申請することができる。免除の対象となる問題の範囲はマンション管理適正化法に関する5問(5問正解と同じ扱いとなる)。
★参考書籍

不動産教科書 マンション管理士テキスト&問題集 2012年版

ひとりで学べる!マンション管理士・管理業務主任者合格テキスト[2012年度版]

ラクラク突破のマンション管理士・管理業務主任者合格テキスト2012年版 (エクスナレッジムック 建築知識)

通信講座の詳細情報を見る

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は、映画、アニメーション、CM、ゲーム、ミュージックビデオなどの制作に携わる方が対象で、主に、CGデザイナー、CGアニメーター、グラフィックデザイナー、 CG モデラー、映像クリエイター、映像クリエイター、ゲームデザイナーなどの職種を対象にした検定試験です。本検定試験では、「映画・アニメーション・ゲーム・CMなどの CG 映像の制作において、一定条件(シナリオ・絵コンテ・日程・予算など)のもとに、映像表現技術やCG理論の知識、CGソフトウェアを効果的に用いる能力が求められます

[box type=”note”]CGを使用する業界で活躍。
映画、アニメ、CMなど活用の道は幅広く、今や映像にはCGが欠かせないものとなっている。
常に納期がつきまとい、忙しい業界です。[/box]
[box type=”success”]この資格のみでの就職は難しい。
CGクリエイター検定はある程度の能力の証明になりますが、採用の際には今までの作品を見られることも多く、しっかりとしたセンスと知識さえあれば資格無しでも就職は問題無いでしょう。[/box]
[box

type=”info”]トップのCGクリエイター等は一仕事数百万円などという話も聞きますが、一般的な映像やアニメ、IT企業の下請け会社などに勤めるCGクリエイターの平均年収はそれ程高くなく、平均年収350万円~700万円程度となっています。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

CGクリエイター検定 エキスパート・ベーシック 公式問題集 (改訂新版)合格対策 CGクリエイター検定 2級・3級入門CGデザイン[/box]

CAD利用技術者基礎試験

CADシステムを理解するうえでの基本的な知識を有する方を対象としています。CADシステムについての初学者ならびに将来専門または間接的にCADシステムに係わる職業を希望する方を想定した試験です。

[box type=”note”]コンピュータおよびネットワークの基礎知識と、設計者が描いた図面をより正確なものに起こしたり、構造上の問題のチェックを行うCAD技術者を評価・認定。仕事に直結する資格として、コンスタントな人気を誇る。[/box]
[box type=”success”]仕事に役立つかと言われれば、実技の内容は仕事には無関係かもしれません。[/box]
[box type=”info”] 資格単体よりも、実務経験によるといえる。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

平成24年度版CAD利用技術者試験 2級・基礎公式ガイドブックCAD利用技術者試験「基礎試験」練習問題ドリル365問―日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会主催CAD利用技術者試験2級過去問題・解答と解説[/box]

証券化マスター

マスター資格制度とは、専門家にふさわしい知識とスキルが習得できる資格制度です。マスター資格制度は、不動産証券化の専門家にふさわしい知識とスキルを体系的に効率よく習得することができる画期的な教育プログラムで、市場の健全な発展を担う人材育成のために創設されました。

[box type=”note”]マスター資格認定者の多くは、不動産会社、建設会社、鑑定機関などの不動産業や、信託銀行、都市銀行、証券会社、資産運用会社などの金融業に従事しています [/box]
[box type=”success”]不動産証券化の実務に携わるにあたって必須の資格ではありません。しかし、マスターとなることにより、不動産証券化に関する基礎知識と実務能力を有していることを証明できます [/box]
[box type=”info”] [/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

協会認定マスター資格入門書 全体像がわかる不動産証券化の基礎知識不動産証券化の実践 完全版―使いやすいノウハウと豊富な事例分析 [/box]

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能検定は、知的財産について適切に取り扱うための能力を認定する国家資格です。合格者は「知的財産管理技能士」を名乗ることができます。企業や団体などの組織の内部にいて、ブランド、技術、コンテンツ、デザインなどの保護に関わる業務を担当したり、特許戦略についての業務をおこないます。

[box type=”note”] 以前に実施されていた民間試験『知的財産検定』が2008年から国家試験へと移行し、『知的財産管理技能検定』として実施されています。主に自身の知的財産に関する能力を証明するための資格と言えます。[/box]
[box type=”success”]企業の法務部や知的財産部、著作権の発生するゲーム業界や音楽業界、新しい技術を開発する研究職など、知的財産に関する知識を活かすことのできる職場は幅広い。[/box]
[box type=”info”] 資格の有無で収入が変わるとは一概にはいえませんが、重要なポストにつくための条件のひとつとしてこの資格を持っている事を挙げている企業もみうけられます。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

知的財産管理技能検定2級 テキスト[改訂4版]知的財産教科書 知的財産管理技能検定3級一発合格!知的財産管理技能検定3級テキスト&問題集[/box]