不動産鑑定士

不動産鑑定士の資格は、不動産関係では最高峰の資格です。司法試験、公認会計士試験と並んで三大国家試験とか三大国家資格と呼ばれています。不動産鑑定士は不動産の鑑定評価を行うことができる唯一の資格で、 全国でも7000人程度しかいないため、希少価値が高いということがメリットといえるでしょう。

[box type=”note”] 相続不動産、土地売買、様々な要求に対する土地の鑑定、評価業務。
公共団体や民間の求めに応じて、不動産に関するカウンセリング等を行います。[/box]
[box type=”success”]合格後は鑑定士事務所に就職することが多く、その他では不動産を扱う金融機関、不動産関係会社など。
不動産鑑定士を取得して就職に困るといった事はあまり無いようです。
ただ、不動産鑑定士は飽和気味との意見もあり、将来的にはやや不透明との予測もあります。 [/box]
[box type=”info”] 不動産鑑定士の平均年収・収入は約700万円。
独立した場合は年収1000万~ぐらいが平均的と言われてます。
経験を積んで独立する人も多く、比較的独立しやすい資格ではあります。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

いまこそなりたい不動産鑑定士 (プロをめざす人の資格ガイド)新・要説不動産鑑定評価基準(改訂版)不動産鑑定士になる!? (How nual資格がとれる) [/box]

小学校英語指導者資格

小学校英語指導者資格は、特定非営利活動法人 小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)が認定する民間の資格で、小学校で英語教育をおこなうために必要な知識と技能がある人に付与されます。認定を受けるには、所定の養成講座のほか、一定以上の英語での指導時間が必要とされます。なお、4年間の更新制です。

[box type=”note”]
受験者の学力等が大学又は短期大学などにおいて小学校教諭の二種免許状を取得した者と同等の水準に達しているかどうかを判定する試験。 [/box]
[box type=”success”] 小学校教員資格認定試験は社会人からも、教師としてふさわしい人材を集めようと開催されている資格試験です。[/box]
[box type=”info”] 国公立の場合は公務員の規定によって決定され、平均年収は750万円程度。
私立小学校の場合も700万円から800万円くらいが平均的。[/box]
[box type=”shadow”] 参考書籍

小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース (アルクの通信講座)[/box]