マンション管理士

➦この資格でできる仕事
マンション管理士とは、専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。 マンション管理士になるには、マンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要です。数多くのマンションが建設され続けるなかで、マンションでの住民同士のトラブルや契約、老朽化などの問題も多く発生しています。このようなトラブルや管理・補修・建て替え問題に対処してマンションでの暮らしを良好にするのがマンション管理士です。
$収入の目安
20代のマンション管理士などは年収400万程度です。 平均年収は360~800万程度です。マンション管理士の需要は、今はまだ高いとは言えません。そのため、マンション管理士の資格を就職活動の武器にしようと考えても、マンション管理士を優遇してくれる企業というのは少ないものです。
✍勉強法と学習内容
①マンションの管理に関する法令及び実務に関すること、建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替えの円滑化等に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等)等。 ②管理組合の運営の円滑化に関すること管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理 組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟 と判例、管理組合の会計等。 ③マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関することマンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕等。 ④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること、マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針等。 なお、マンション管理適正化法の規定により、管理業務主任者試験の合格者等は、試験の一 部の免除を申請することができる。免除の対象となる問題の範囲はマンション管理適正化法に関する5問(5問正解と同じ扱いとなる)。
★参考書籍

不動産教科書 マンション管理士テキスト&問題集 2012年版

ひとりで学べる!マンション管理士・管理業務主任者合格テキスト[2012年度版]

ラクラク突破のマンション管理士・管理業務主任者合格テキスト2012年版 (エクスナレッジムック 建築知識)

通信講座の詳細情報を見る

調理師

調理師は、調理師法(昭和33年法律第147号)で「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者」とされています。

調理師は、外食産業の中で調理業務を担当します。外食産業とは、各種飲食店、ホテル・会館の料理部門、特定給食施設など人々に料理のサービスをする産業で、日本経済を支える一翼にまで発展しています。外食産業を支える職種は色々ありますが、その中でも調理を担当する調理師は業界の主役と言えるでしょう。 また、飲食店などでは、調理師を置いて調理の業務を行うよう努めなければならないと定められており、調理師の資格はますます重要なものとなっています。

調理の仕事は材料の仕入れ、下処理、調理、盛り付けなどが流れ作業で行われ、たいていの調理場では分担して行われます。各々の担当は年期によって決められ、年期を積み技術の向上に伴ってより高度な技術を要する調理を担当することになるのが一般的です。実力次第で年期を経ずして現場の責任者になることもあり得ます。なお、料理長などの責任者になると、実際の調理だけでなくメニューの立案や材料費(原価率)の計算なども大切な仕事になってきます。

職業的な特性としては、サービス産業ということで勤務体制が早朝から夜間に及ぶことや、休日勤務が多いことなどがあげられます。また、包丁で食材を加工する手先の器用さや盛り付けなどの美的感覚が求められる一方、大量の料理をこなすことから体力も必要とします。さらに、料理をサービスする仕事なので常に健康で清潔に保つ意識も大切です。

このように調理師は非常に厳しい職業ですが、学歴に関係なく自分の実力だけで生きようと志す人や、人にサービスをすることに誇りを感じられる人に向いた仕事であるといえるでしょう。

[box type=”note”] 調理師は、食品の「栄養」「衛生」、「適切な調理法」の知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロです。[/box]
[box type=”success”]飲食店に調理師として就職、転職する際には必須資格。有資格者は数百万人とも言われており、この資格のみで、就職が決まるようなことはないでしょう。[/box]
[box

type=”info”]調理師の平均年収はかなり幅広いですが、一般的には350万円前後だと言われています。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

調理師読本〈2012年版〉 2012年版U-CANの調理師速習レッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ) 調理師試験問題と解答 2012年版[/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/46/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]

ビル経営管理士

ビル経営管理士は、財団法人 日本ビルヂング経営センターが国土交通大臣登録証明事業として実施している資格試験です。ビル経営についての、企画・立案、賃貸営業、管理・運営までの、プロパティマネジメントとして必要な知識について試験し、合格者をエキスパートとして認定します。

[box type=”note”] 「ビル経営管理士」資格を取得するには、ビル経営管理士試験に合格後、登録が必要です。
登録には指定された実務経験(2年以上)が必要になります。
資格の登録有効期間は5年間で、5年毎の更新登録が必須となっています。[/box]
[box type=”success”]ビル経営管理士の資格だけでなく、宅建(宅地建物取引主任者)やマンション管理士などの資格を併せもつことで、豊富な知識を持つ者として、 不動産業界への就職・転職や独立開業時に役立つ事でしょう。述べ床面積1.000㎡以上で5階以上の賃貸ビルで不動産特定共同事業を行う際には、事務所ごとにビル経営管理士を置かなければならないため、一定の需要が見込めます。[/box]
[box type=”info”]ビル経営管理士の平均年収は、勤務先によって大きな幅があるが、平均年収300〜600万円のようです。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

ビル管理士試験模範解答集〈平成24年度版〉マンション管理の知識 平成24年版依頼が殺到するマンション管理士の仕事術[/box]

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営者の相談に応じて、経営状態を総合的に調査・分析し、経営の合理化を図るため、改善点や改善方法をアドバイスする専門家です。
法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

[box type=”note”]仕事内容はコンサル業務が主になり、中小企業の経営に対し的確なアドバイスをします。経営について話し合う事が主な仕事である為、必然的に経営の中心にいる幹部クラス、社長クラスとの対話が主になります。 [/box]
[box type=”success”]日本の企業の9割を占めると言われる中小企業がお客さんである為、需要もあり、有名な資格であるため廃れる事はないでしょう。
しかし、コンサルタント業務、経営アドバイスをする事は無資格でもできる為、これ以上の繁栄は無いかもしれません [/box]
[box type=”info”]日本の企業の9割を占めると言われる中小企業がお客さんである為、需要もあり、有名な資格であるため廃れる事はないでしょう。
しかし、コンサルタント業務、経営アドバイスをする事は無資格でもできる為、これ以上の繁栄は無いかもしれません [/box]
[box type=”shadow”]中小企業診断士 2011年12月 (NHK資格☆はばたく)中小企業診断士の資格を取ったら読む本―ミーコッシュ革命で年収3,000万円は達成できる中小企業診断士になる!? (How nual 資格がとれる) [/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/72/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]