臨床心理士

➦この資格でできる仕事
「臨床心理士」とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。 日本には心の問題に取り組む職種として、心理カウンセラー、サイコセラピスト、心理相談員などの名称で呼ばれる人々がいますが、それぞれに明確な資格があるわけではありません。それに対して「臨床心理士」は、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格し、認定を受けることで取得できる“心理専門職の証”となる資格です。実際には、臨床心理士の資格所有者が、たとえば文部科学省の実施する全国公立中学校や小学校に1996年以降よりスクールカウンセラーとして任用(派遣)され、活躍している(5,000名)のは、その代表例といえましょう。
$収入の目安
職場や相談の種類によっても違うが、月に15〜50万円くらい。
✍勉強法と学習内容
1次(筆記)/臨床心理査定、臨床心理面接(療法)、臨床心理学的地域援助、臨床心理学的研究・調査法。以上に関する基本知識、小論文。2次/面接。
★参考書籍

新・臨床心理士になるために[平成24年版]

‘12-‘13年版 臨床心理士試験 徹底対策テキスト&予想問題集

史上最強カラー図解 臨床心理学のすべてがわかる本

通信講座の詳細情報を見る

ビジネス・キャリア検定試験

急速に変化するビジネスの世界において、企業は「仕事ができる人材」を求めています。
企業を支えているのは、人材一人ひとりの能力であり、優れた人材の育成・確保が、将来にわたる企業の発展に欠かせないファクターとなっています。

企業においては、人材の発掘、育成、そして人事評価などを適正に実施するために、公正・公平な能力評価を行なうことが重要です。

ビジネス・キャリア検定試験は、
(1)事務系職務(人事・人材開発、総務、経理、営業・・・等)を広く網羅した唯一の公的資格試験、

(2)国が整備した「職業能力評価基準」に準拠、
(3)標準テキスト、認定講座などの学習環境も整備した、
まさに「仕事ができる人材」の実務能力を育成・評価・証明する試験制度です。

ビジネス・キャリア検定試験は、企業では社員の実務能力の客観的な評価や人材開発などに、また、ビジネス・パーソンや学生・求職者にとっては、昇進・昇格、キャリア・アップや就職に向けた公的資格の一つとして活用されています。

➦この資格でできる仕事
ビジネス・キャリア制度は、キャリアアップのため、職業能力の客観的な証明をおこなうことを目的とした制度です。「人事・人材開発」や「営業」といった、従来は資格や検定試験がなかった事務系の分野で試験が新設されました。
$収入の目安
事務系の職種で働く人が、この検定試験の合格を目標に自己研鑽を続けていくことによって、高度な専門知識や、自分の仕事に対するプライドを獲得することができ、さらには企業の組織改革、生産性の向上のために活躍するチャンスにつながります。
✍勉強法と学習内容
ビジネス・キャリア制度は、キャリアアップのため、職業能力の客観的な証明をおこなうことを目的とした制度です。「人事・人材開発」や「営業」といった、従来は資格や検定試験がなかった事務系の分野で試験が新設されました。
★参考書籍

人事・人材開発3級 (ビジネス・キャリア検定試験 標準テキスト)

マーケティング3級 (ビジネス・キャリア検定試験 標準テキスト)

労務管理3級 (ビジネス・キャリア検定試験標準テキスト)

公認会計士

➦この資格でできる仕事
公認会計士の主な業務は、企業の財務書類の監査によって報酬を得ること。財務書類の監査とは、会社の状態を株主等に報告するために、会計記録がその会社の経営・財政状態を正しく示していることを証明することであるが、これは公認会計士の独占業務である。 公認会計士の資格を取得し、所定の手続きを行なうと税理士資格も得られる。よって企業の節税に関する対策や相談に応じることがで きる。また、こうした業務と並行して、財務に関する調査、立案、相談、経営コンサルティング、会計指導なども可能である。
$収入の目安
相談料、コンサルタント料、監査料などの名目で収入を得る。自分が何件のクライアントを持っているかで収入は異なるが、相対的に高収入が期待できる。年収ベースで1000万円以上の人も多い。
✍勉強法と学習内容
①財務会計論。40問以内、120分、200点。簿記・財務諸表論、企業等の外部の利害関係者の経済的意思決定に役立つ情報提供を目的とする会計理論。 ②管理会計論。20問以内、60分、100点。原価計算、企業等の内部の経営者の意思決定及び業績管理に役立つ情報提供を目的とする会計 理論。 ③監査論。20問以内、60分、100点。金融商品取引法及び会社法に基づく監査制度及び監査諸基準その他の監査理論。 ④企業法。20問以内、60分、100点。会社法、 商法(海商、手形、小切手は除く)、金融商品取 引法(企業内容等の開示の部分に限る)、監査を受けるべきとされる組合その他の組織に関する法。 論文式試験/短答式試験合格者及び同試験免除者が対象。必須4科目は次のとおり。 ①会計学<財務会計論、管理会計論>。300分、300点。 ②監査論120分、100点。 ③企業法120分、100点。 ④租税法120分、100点。 o論文式の「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」「民法」の試験は受験時に試験用法令基準等が配付される。当該法令基準等については公認会計士・監査審査会ウェブサイトに掲載される。 、選択1科目。経営学、経済学、民法、統計学の中から1つ選択。時間・配点は120分、100点。
★参考書籍

24週間で独学合格!公認会計士試験マル秘学習法

働きながら2年で受かる! 公認会計士最短合格の勉強法

2013年度版 公認会計士試験 短答式試験 過去問題集

調理師

調理師は、調理師法(昭和33年法律第147号)で「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者」とされています。

調理師は、外食産業の中で調理業務を担当します。外食産業とは、各種飲食店、ホテル・会館の料理部門、特定給食施設など人々に料理のサービスをする産業で、日本経済を支える一翼にまで発展しています。外食産業を支える職種は色々ありますが、その中でも調理を担当する調理師は業界の主役と言えるでしょう。 また、飲食店などでは、調理師を置いて調理の業務を行うよう努めなければならないと定められており、調理師の資格はますます重要なものとなっています。

調理の仕事は材料の仕入れ、下処理、調理、盛り付けなどが流れ作業で行われ、たいていの調理場では分担して行われます。各々の担当は年期によって決められ、年期を積み技術の向上に伴ってより高度な技術を要する調理を担当することになるのが一般的です。実力次第で年期を経ずして現場の責任者になることもあり得ます。なお、料理長などの責任者になると、実際の調理だけでなくメニューの立案や材料費(原価率)の計算なども大切な仕事になってきます。

職業的な特性としては、サービス産業ということで勤務体制が早朝から夜間に及ぶことや、休日勤務が多いことなどがあげられます。また、包丁で食材を加工する手先の器用さや盛り付けなどの美的感覚が求められる一方、大量の料理をこなすことから体力も必要とします。さらに、料理をサービスする仕事なので常に健康で清潔に保つ意識も大切です。

このように調理師は非常に厳しい職業ですが、学歴に関係なく自分の実力だけで生きようと志す人や、人にサービスをすることに誇りを感じられる人に向いた仕事であるといえるでしょう。

[box type=”note”] 調理師は、食品の「栄養」「衛生」、「適切な調理法」の知識を持ち、安全な料理を作ることができる調理のプロです。[/box]
[box type=”success”]飲食店に調理師として就職、転職する際には必須資格。有資格者は数百万人とも言われており、この資格のみで、就職が決まるようなことはないでしょう。[/box]
[box

type=”info”]調理師の平均年収はかなり幅広いですが、一般的には350万円前後だと言われています。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

調理師読本〈2012年版〉 2012年版U-CANの調理師速習レッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ) 調理師試験問題と解答 2012年版[/box]

[button color=”red” size=”medium” link=”http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/46/” target=”blank” ]通信講座の詳細情報を見る[/button]

データベース認定資格(オラクルマスター)

データベース認定資格(オラクルマスター)はオラクル社が提供する民間の認定資格制度で、IT業界でも代表的なデータベース製品のひとつであるオラクル社のデータベースのスキルを評価します。

[box type=”note”] 仕事内容はデータベース関連。
オラクルのデータベースは、IT系業務全般で使用される事が多い。[/box]
[box type=”success”]就職状況に関しては、オラクルマスターゴールド程度を取得していると求人状況も良好で効果を発揮しそう。一方で、IT関連の資格全般に言えることですが、実務経験の有無が何より重要視されるので、ペーパーでは持っていても無意味かもしれません。[/box]
[box type=”info”] 資格手当が支給されることも多い。
「オラクルマスタープラチナ」クラスになると、特に需要が高く年収1000万円を超える事も。[/box]
[box type=”shadow”]参考書籍

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[Bronze DBA11g](試験番号:1Z0-018)完全詳解+精選問題集 (オラクルマスタースタディガイド)やさしく学ぶオラクルマスター Bronze DBA 11g徹底攻略 ORACLE MASTER Bronze DBA11g問題集 [1Z0-018J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)[/box]