通信教育を利用して保育士資格を取得


Notice: Undefined index: autoshow in /home/lsdn150/public_html/nearfrog.com/lsd-15/wp-content/plugins/wp-favorite-posts/wp-favorite-posts.php on line 471

Notice: Undefined index: autoshow in /home/lsdn150/public_html/nearfrog.com/lsd-15/wp-content/plugins/wp-favorite-posts/wp-favorite-posts.php on line 471

通信教育を利用して保育士の資格を取得することができます。通信教育ならではでの、メリットがあります。 一度、社会にでたけれど、保育士としての人生を歩んでいきたい、保育士になりたいと思ったら、働きながらでも、家庭と両立しながらでも、通信ならば、資格を取得することが可能です。 まず、保育士になるには、ある条件が必要です。 厚生労働大臣の指定する養成学校、例えば大学、短大、専門学校等を卒業することと、国家試験を受験し、資格を取得することです。

その他にも、義務教育終了後、児童福祉施設で5年以上の実務経験、平成3年3月31日以前に高等学校を卒業した方であれば、保育士試験を受験することが可能です。 厚生労働大臣の指定する養成学校、一般の大学、短大、高等専門学校等を卒業、高校卒業後児童福祉施設にて2年以上の実務経験があれば、保育士試験を受験することが可能です。 独学で国家試験を受験し、合格するという道もありますが、試験の範囲が膨大な上、合格率は10パーセント以下ですので、要領よく勉強をしていかなければなりません。

そこで、保育士試験に対応した通信講座を利用して、受験勉強をすれば、要領よく、効率的に試験対策ができることでしょう。 講座では、資格試験を念頭においた勉強が、効率的に行える上、どこが試験にでるのか、予想対策も踏まえたカリキュラムになっているので、短期間で合格をしたいという方には、向いています。 高校卒業者で、厚生労働大臣の指定する学校や、短大、大学を出ていないという人におすすめなのが、通信で短期大学の保育科に入学をすることです。 大学、短期大学に入学、編入するメリットは、保育士以外にも、幼稚園教諭二種免許状、社会福祉主事任用資格、図書館司書の資格が取得できることです。