整体師の資格は通信教育があります


Notice: Undefined index: autoshow in /home/lsdn150/public_html/nearfrog.com/lsd-15/wp-content/plugins/wp-favorite-posts/wp-favorite-posts.php on line 471

Notice: Undefined index: autoshow in /home/lsdn150/public_html/nearfrog.com/lsd-15/wp-content/plugins/wp-favorite-posts/wp-favorite-posts.php on line 471

これから日本は、高齢化社会に世界に先駆けて突入し、その対応について世界が注目をしております。特に医療や介護の分野においては、まだ経済の見通しのつかない我が国にとって、深刻な就職難をまねいており、失業者の数も少なくはありません。そんな中、介護や医療における福祉の分野は、すでに人材不足が叫ばれており、求人広告も多く目にします。しかし、医療の分野で医師や看護師を目指すには、教育機関が昼間の教育しか行う施設しかなく、転職するには難しい現実があります。

医療業界で転職を考える場合、整体師のように通信教育でも資格を目指すことができる、働いて収入を得ながら勉強できるシステムが望ましいと思います。最近の整形外科では、手術による治療より整体やストレッチを中心としたリハビリ治療がメインです。病院内でおこなう整体治療は、理学療養士と呼ばれる整体の国家資格です。従ってこの資格を得る為には、専門の養成学校に通う必要があり、転職者が検討するにはその辺に難しい難関があります。

しかし、これから医療の現場は益々人手不足に陥ることは間違いなく、その人材の確保は民間資格の整体師にまで広がる可能性が多くあります。今、整体師の資格は民間の為、通信教育でも合格を目指すことができ、多くの実践を積むことで注目を浴びることは間違いありません。逆に通信教育が可能な今こそ整体師の資格を目指すチャンスと思います。実際にヘルニアなどの治療を専門とする整体治療院は数多く、その実績も定評のある整体院が数多くあります。

★参考書籍

柔道整復師国家試験重要ポイント 柔道整復学―上肢・体幹編

整体師になりませんか ―転職の近道

柔道整復師国家試験重要ポイント 柔道整復学 上肢・体幹編〈2011年版〉